最終更新日: 2024.01.5

ドローンスクールに通う必要性は?独学で資格取れる?全面解説!

ドローンは、近年注目を集める技術であり、航空業界や映像制作業界などで活用されています。しかし、ドローンの操縦には資格が必要となる場合があります。では、そのためにドローンスクールに通う必要があるのでしょうか?また、独学で資格を取ることは可能なのでしょうか?今回は、ドローンスクールに通う必要性や、独学で資格を取る方法について解説します。

①ドローンスクールに通う必要性

ドローンスクールに通う必要性は、個人の目的やレベルによって異なります。まず、法律上、一定の重量を超えるドローンを操縦する場合には、特別な資格が必要となります。例えば、日本国内では、航空法に基づくドローン操縦士資格を取得する必要があります。この資格は、ドローンスクールでの講習を受け、試験に合格することで取得できます。

また、ドローンの活用分野によっても必要なスキルや知識が異なります。例えば、映像制作業界では、スタビライザーやカメラの操作技術が求められます。航空業界では、航空機の飛行ルートや気象状況などの知識が必要となります。これらの専門的なスキルや知識を習得するためには、ドローンスクールに通うことが有効です。

また、ドローンスクールに通うことで、実際の操縦練習ができるため、安全にドローンを操縦するための技術を習得することができます。スクールによっては、実機を使用した実践的な練習が可能な場合もあります。

②独学で資格を取れるの?方法は?

ドローンの資格を独学で取得することは、原則として可能です。ただし、航空法に基づくドローン操縦士資格を取得する場合、試験の合格率は低く、難易度が高いと言われています。そのため、独学だけではなく、ドローンスクールや資格取得の専門書を活用することが推奨されます。以下に、独学でドローンの資格を取得する方法を紹介します。

  └─ ⑴資格試験の情報収集

まず、ドローン操縦士資格試験の情報収集をしましょう。
飛行方法やドローンの利用目的によって、全然違う資格が必要な可能性がありえます。自分に合う資格を選ぶのが大切です。例えば夜間飛行・物を運ぶ・農薬散布 ですと、それぞれ必要な資格が違います。農薬散布ですと、使用するドローンも普通のドローンと規格が違うので、事前に確認をしておきましょう。
また、資格取得に必要な条件や手続きについても把握しておく必要があります。ドローンスクールならスタッフが申請の手続きをフォローしてくれますが、個人ですと全部自分でやるので、隅から隅まで調べとくのが無難です。
そして、それぞれの試験内容や合格基準などを確認し、試験対策を立てることなども必要です!

  └─ ⑵書籍やオンライン学習サイトの利用

格取得に必要な知識や技術を独学するために、書籍やオンライン学習サイトを活用することができます。特に、ドローンスクールで使用されるテキストや問題集を取り寄せ、独学で学習することができます。
下記が一例になります:

  1. ドローン操縦士テキストブック:日本ドローン協会が出版したテキストブックで、日本のドローン操縦士試験に必要な知識を網羅しています。テキストブックの他に、問題集もあります。
  2. ドローン操縦士 完全対策問題集:フェアウェイ出版社から発売されているドローン操縦士試験の問題集です。試験範囲に沿って、模擬試験問題と過去問題が掲載されています。
  3. 一発合格 ドローン操縦士試験過去問題集:ドローン操縦士試験の過去問題をまとめた問題集です。過去問題によって、試験出題傾向を知ることができます。
  └─ ⑶本体を準備する

ドローン操縦士資格試験では、実機を使用した操作の練習が必要です。購入する基準はこちらの記事を参考にしてください!>>【初心者でも安心して使える!】おすすめのドローンモデル5選

もし独学で実機を用意することは難しい場合は、ドローンのレンタルサービスなどで、ドローン本体を借りることもできます。

価格は、レンタル期間やドローンの種類、機能、保険の有無などによって異なりますが、一般的に、初心者向けのドローンのレンタル料金は比較的安価で、1時間あたり数千円から数万円程度です。
一方、高性能なドローンや、プロ向けのドローンの場合、1時間あたり数万円から数十万円程度になることがあります。
また、レンタルサービスによっては、必要なアクセサリーや付属品も含めた料金で提供している場合がありますのでおすすめです!

  └─ ⑷実機操作の練習をする!

無免許だと、100g以下の機体を購入しない限り**、基本的には室内の練習しかできないので、ドローンスクールなど運営団体から練習場を借りることもお勧めします!

▶︎**機体の重さと飛行制限についてはこちらの記事を参考にしてください:
【ドローン操作は免許いらない?】免許なしで飛べる方法・範囲をまとめます!


一般的に、練習場の利用料金は1時間あたり数千円から数万円程度になることが多いようです。ただし、運営団体によっては、練習場の利用が無料で提供される場合もあります。

また、練習場を利用する際には、利用する人数やレンタルする機材の種類によって、追加料金が発生することがあります。さらに、練習場の利用には、保険に加入することが必要な場合もあります。


また、シミュレーションソフトやドローン操作のトレーニング用アプリを活用することで、操作技術を向上させることができます。購入に至るまでのハードルが高いと思われますが、種類はたくさんがあります。


以下は、ドローン操作のトレーニングやシミュレーションに使えるソフトウェアやアプリの例です。

  1. DJI Flight Simulator: DJIが提供する、ドローンの操縦シミュレーションソフトウェアです。DJI製ドローンの操縦体験を再現しており、実機と同じような操作感覚を得ることができます。
  2. Liftoff: レースドローンのシミュレーションゲームで、リアルなフライト体験を提供しています。多人数でのオンライン対戦や、様々なドローンのカスタマイズが可能です。
  3. FPV Freerider: フライトシミュレーターで、レースドローンやフリースタイル用のフライト体験を提供しています。リアルな物理演算エンジンにより、機体の動きや操作感覚を再現しています。
  └─ ⑸質問や相談するよ!

独学で資格取得を目指す場合でも、ドローン関連のコミュニティやSNSなどで質問や相談をすることができます。他の人の意見やアドバイスを聞くことで、理解が深まることがあります。

⑦まとめ

ドローンスクールに通う必要性や、独学で資格を取る方法について解説しました。資格取得に必要な知識や技術を独学で習得することは可能ですが、試験の合格率が低く、難易度が高いため、ドローンスクールや専門書を活用することが推奨されます。また、ドローン操縦には安全面にも十分に注意することが必要です。

関連記事

  1. ドローンで副業にする方法を説明する記事用の画像

    ドローンで稼ぐ!初心者向け副業を4つ紹介!求人情報を知る方法も説明【配送サービス・空撮・レンタルサービス】

  2. 【一目でわかる比較表付き】ドローンの免許・民間資格の選び方!費用、講座内容、時間、特徴を全面比較!記事のサムネイル

    【一目でわかる比較表付き】ドローンの免許・民間資格の選び方!費用、講座内容、時間、特徴を全面比較!

  3. トイドローン(tello)の公式サイトと画像

    トイドローン(tello)はどんなドローン?性能・メーカー・値段について詳しく解説

  4. dsiドローンスクール池袋駅前校のアクセスと行き方

    dsiドローンスクール池袋駅前校

  5. 小学生・子供でも飛ばせる!安くてかわいいドローンおすすめ5選

  6. ポケモンドローンショーが横浜WCSで開催するときのバナー

    ポケモンドローンショー横浜みなとみらい WCS開催で大注目

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。