最終更新日: 2024.02.15

【ドローン操作は免許いらない?】免許なしで飛べる方法・範囲をまとめます!


日本国内では、ドローンを飛行させる際には航空法を守る必要があります。飛行範囲やドローンの重量・種類などによって国土交通省が発行する「免許」は必要・不要な場合に分かれています

ドローン好きお兄さん


この記事はこんな方に向いてます!

・免許なしでドローンを飛ばす方法を探してる方
・免許なしでドローンを飛ばせる場所を探してる方

①免許なしでも飛ばせますか?

この記事を見にくる方が、免許なしでドローンを飛べせる方法を探してるのでしょう。結論から言うと、ドローンは免許なしでも操縦できます!

②国家資格持ち・持てないの差はなんでしょうか?


ドローン資格あり・なしの違いを知っていますか?
結論から言うと、資格なしのドローン飛行は、飛行範囲、飛行方法、高さ、機体の重さから制限が掛かられます

資格を持つの方は機種の重さや種類を問わずに、好きな範囲で好きな高さでドローンを飛ばせます。さらに、夜間飛行や目視外飛行などもできます。
一方、資格持ってない方は機種の重さによって特殊飛行ができなかったり、飛行範囲と高さも制限されます

③資格なし・免許不要でドローンを飛ばす方法!



結論から言うと、100g未満の機体は航空法の規制外のため、機体登録・免許なしでも飛ばせます。飛行範囲も制限されません
100g以上な機体でも、機体登録は必要ですが、指定の飛行範囲を越えなければ免許や申請はいりません

なぜなら、今の航空法は重さ100g以上な機体を飛行規制の対象にしています機体登録も重さ100g以上な機体を対象に義務化され、登録の申請費用は900円~2,400円でオンラインや紙媒体などの申請できます。機体登録は3年ごとに更新する必要がある。


【100g未満のドローン】

高さ:規制なし
飛行範囲:規制なし
飛行方法:規制なし
機体登録義務:なし


【100g以上のドローン

高さ:高度150mまで(越える場合は申請必要)
飛行範囲:飛行可能な直線距離は目に見える「目視内範囲」のみ。
「目視内範囲」とは目の近くにつける眼鏡以外のカメラや双眼鏡などを使わずに、ドローンの姿をしっかり見ることができる状態を「目視圏内の飛行」と言います。人間の目で確認できる範囲は、だいたい100メートルから300メートルくらいです。以前には、許可を得ずに目視圏外でドローンを飛ばしてしまって、警察に書類送検された例もありますので気をつけましょう。
飛行方法:「目視内範囲」(目視外の飛行や夜間飛行など特殊飛行は申請必要
機体登録義務:あり

なので、一番手間を省けるのは100g以下の機体を選ぶことです。100g以下ですよ、登録も申請も不要になります。飛行範囲の制限もありません
もし100g以上であれば、機体の登録は必要ですが、上記の規定内の範囲で飛行すれば飛行許可の申請や免許は不要ですよ!

④免許や資格なしでドローン安全に操作の必要な知識とリスク


免許・資格なしで楽しくドローンを飛ばすには、操作に必要な知識とスキルが必要です。一例として、

・ドローン検点:電池残量の確認、GPSの設定
・ドローン操作スキル
・周辺環境の確認(飛行禁止区域の把握など)
・風速や気象についての知識
・電波についての知識
・航空法の知識
・悪天候への対応
…などがあります。

また、ドローンを飛ばす際には事故や怪我、プライバシーやセキュリティの問題が発生する可能性があります。そのため、公共の場所や人が集まる場所での飛行は避け、ドローンの規制に従って飛行を行うことが重要です。また、ドローンに関する法律についても理解し、遵守することが必要です。違反した場合、罰金や刑事責任を問われる可能性があるため、注意が必要です。

⑤資格ないので心配な場合ードローンスクールがおすすめ!メリット解説


もし、ドローンを飛ばしたいけど資格がないため不安だという場合は、ドローンスクールで勉強することをおすすめします。

ドローンスクールでは、ドローンの基本的な知識や操縦技術を学ぶことができます。スクールによっては、免許取得のための無料でで練習場のレンタル・機体のレンタルできるので便利です。また、受講することでドローンを操作する実績とスキルが証明できるため、国家資格への申請が通りやすくなります。スクール側が申請手続きを手伝いしてくれるスクールも多数があり、時間の社会人には嬉しいです。
スクールによっては、機体を割引で購入できるところも多くあり、初めてドローンを買う前には検討してみてもいいかもしれません。

①基本的な知識や操縦技術を学べる
②無料で練習場のレンタル・機体のレンタルできる
③資格の申請をフォローしてくれる 
④機体を割引で購入できる

ドローンを飛ばす前に、正しい知識と技術を身につけることはとても重要です。不安な気持ちを抱えたまま飛ばすと、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性もあります。そうならないためにも、ドローンスクールでしっかりと学んでから、安全かつ楽しいドローンの飛行を楽しみましょう。

⑥ドローンの免許・資格のメリット


ドローンの資格を取得すると、一般的には下記のメリットがあります:

①飛行申請が通りやすくなる 
②飛行範囲が広く、制限が少ない 
③飛行時間の制限が少なく、夜間飛行などもできる 
④資格を持つと実力や信憑性が高く、仕事の取得に有利


のいつくが挙げられます。

⑦まとめ

いかがでしょうか。免許・資格なしでもドローンを飛ばせる方法とまとめました。
興味がある方は、こちらの「【免許・資格なしでも大丈夫】5000円以内で買える!100g以下のドローン機体6選!手頃な価格で買える!」も合わせて読むのをおすすめです!

※本記事の画像の一部は公式サイトから引用いたしました。

関連記事

  1. 【一目でわかる比較表付き】ドローンの免許・民間資格の選び方!費用、講座内容、時間、特徴を全面比較!記事のサムネイル

    【詳しく解説】ドローンを飛ばすには免許・資格が必要?ドローンを飛ばすにはどんな手続きが必要?

  2. ドローンスクールに学んだスキル・経験で作るキャリアパスと就職の可能性について

  3. 【初心者でも安心して使える!】おすすめのドローンモデル5選

  4. ドローン上級者になりたい!操作上手くなる方法:知っておきたい風の影響と対策

  5. 【都内】無料でドローン練習場を利用するには?無料で使える場所7選!レンタル方法を紹介!

  6. JAPAN DRONE LEAGUEの屋外レースとゴール

    【自分の腕を確かめる】ドローンレース大会とは?【JAPAN DRONE LEAGUE】

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。