最終更新日: 2024.01.5

ドローンを安く購入できる方法4選!お試しで入手したい方・初心者・小学生向け

①中古で購入する

メルカリ、ヤフーオクんあど、中古のドローンを探してみましょう。中古市場では、リーズナブルな価格でドローンを見つけることができます。

そこまでお金を使いたくない・趣味程度でドローンを飛ばしてみたい方にはぴったりです。

機体の状態が綺麗な状態で販売されてることも多くありますので、一回検索してみましょう。


*購入前にドローンの状態を確認し、取引相手の評価や信頼性を確認することをおすすめします。

②ドローンキットを検討する

一部のメーカーでは、ドローンキットと呼ばれるパーツセットを販売しています。

これらのキットには、フレーム、モーター、プロペラ、フライトコントローラーなどが含まれています。

自分で組み立てることで、ドローンを格安で手に入れることができます。ただし、組み立てには基礎的な技術や知識が必要です。

③ドローンスクールで通ってる方は割引で購入できる

スクールによりますが、一部のドローンスクールは生徒に向けて、割引価格でドローンを販売しています。

ドローンの資格を取りたい初心者がスクールに通ってる場合は、スクールで購入した方が便利で安く購入できます。

スクールからの購入は正規品であることが保証される可能性が高く、機能性の高い機体がおすすめされることが多いため、購入する際にも安心なのでおすすめです。

④メーカーのプロモーションやセールで購入

ドローンメーカーや小売業者は、定期的にプロモーションやセールを行っています。

メーカーや販売業者のウェブサイトやSNSアカウントをフォローし、お得な情報をチェックすることで、割引価格でドローンを入手できるかもしれません。

また、特定の時期(例: GWやクリスマスセール)には、特別な割引やバンドルセットが提供されることもあります。

⑤海外の通販サイトにも検索をかける

アマゾンやら楽天などで理想の価格が見つからないとき、海外のサイトでのご購入も検討してみましょう。

海外の通販サイトでは、競争が激しいため、同じモデルのドローンをより低価格で見つけることができる場合があります。

具体的には、aliexpressやtaobaoなど日本語対応のサイトがあります。

また、海外の通販サイトには、国内では入手困難なモデルや限定版が取り扱われていることがあります。もし特定のドローンに興味がある場合、海外通販サイトをチェックすることで、希望のモデルを見つけることができるかもしれません。

⑤購入時の注意点

これらの方法で、初心者でも安くドローンを手に入れることができます。ただし、いくつかの注意点も忘れずに確認しましょう。

まず、購入前に十分な調査を行い、信頼性のある販売業者を選ぶことが重要です。信頼できる販売業者から購入することで、品質の良い製品を手に入れることができます。また、商品の返品や交換ポリシーを確認しておくこともおすすめです。

万が一壊れた時、保証期間どれくらいか、どこまで対応してくれるかを必ず確認しましょう。

さらに、安価なドローンを購入する際には、機能や性能の妥協点を考慮する必要があります。高価なモデルほど高性能で機能豊富ですが、初心者にとっては必要な機能に絞った低価格のモデルでも十分に楽しむことができます。

また、ドローンを飛ばす際には、地域の法規制や航空法に従うことも大切です。ドローンの飛行制限や空域の制限を確認し、安全に操作するようにしましょう。

最後に、ドローンの保険にも注意を払いましょう。万が一の事故や損害に備えるため、ドローンの保険に加入することをおすすめします。保険によってリスクを軽減し、より安心して楽しむことができます。

⑥まとめ

初心者向けのドローンを安く購入するための4つの方法を紹介しました。これらの方法を利用することで、予算を抑えながらドローンの世界を楽しむことができます。安全性と法律を守りながら、素晴らしいドローン体験をお楽しみください!

関連記事

  1. ドローン上級者になりたい!操作上手くなる方法:知っておきたい風の影響と対策

  2. JAPAN DRONE LEAGUE試合中の風景 屋外

    【ドローンレース大会】JAPAN DRONE LEAGUEを知る【毎年・全国開催】

  3. 東京ディズニー40周年リゾートのドローンショー

    東京ディズニーリゾート40周年で初のドローンショー開催へ

  4. ドローンの色を変える!視認性が上がり、独特なドローンに…!

  5. ドローン初心者にこそ試してほしい!室内でもできる練習法5選

  6. ドローン検定 を取得するメリット・費用と内容紹介

    「ドローン検定」はどんな資格?メリットと特徴は?初心者でも受講できる?【徹底解説】

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。