最終更新日: 2024.02.15

民間資格の選び方!一目で違いがわかる比較表付き

ドローン好きお兄さん


この記事はこんな方に向いてます!

・資格を取りたいけど、どれかいいのかかわからない人
・資格の違いをわかりやすく知りたい人

①民間のドローン免許・認定資格の種類


現在、日本で取得できる資格は調べたところ、おおよそ9つがあります。資格の名前は下記の通りです。


 一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)
 DJI JAPAN
 一般社団法人 日本ドローン協会(JDA)
 一般社団法人国際無人航空機協議会(IAU)
 一般社団法人ドローン操縦士協会(DPA)
 ドローン検定協会
 産業用マルチローター技能認定
 JDC認定資格
 DMA認定資格



一つの団体でも複数の資格を発行している場合もありますので、資格の特徴を踏まえて自分に合う資格を決めるのをおすすめです。

②資格の選び方法・基準


流石に9つ団体もあったらどの団体の資格を選ぶべきなのか、その資格でやりたいことをすべてカバーできるのかと不安に思うこともあるでしょう。
ここからは様々な角度からあなたに合った資格を選ぶためのポイントについて解説していきましょう。


  └─ 主流となっている資格から選ぶ


資格取得するなら、知名度高い方が信頼性があると思われます。現時点で主流となっている6つの資格は下記の通りです:


 一般社団法人 日本ドローン協会(JDA)
 DJI JAPAN
 一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)
 一般社団法人国際無人航空機協議会(IAU)
 一般社団法人ドローン操縦士協会(DPA)
 一般社団法人日本UAS産業振興協議会


上記の資格は、資格取得コースを運営しているスクールの数が多くて、学校選びの際に選択肢を広げることができます!

▶︎▶︎上記の資格を発行している運営団体の紹介記事は【こちら】です。

  └─ 国家から認可された資格


国家から認可された資格なら当然、信頼度も高まりますよね。現在(2023年3月時点)ではドローンの国家資格は2種になります。

「1等無人航空機操縦士」、「2等無人航空機操縦士」です。

このドローンの国家資格は下記3点をクリアすることにより資格を取得することができます。


【登録講習機関での学科や実地での講習】
こちらは、民間団体のうち国が認めたスクールでの講習が対象となっていますので、必ずどのスクールが認められているのかをご確認ください。スクールですでに技能講習を受けている方は実地試験が免除されます。


【指定機関での実地試験/学科試験/身体検査】
講習の受講後、実施試験と学科試験に進みますが、①で技能講習を受けている場合は免除されます。その場合、学科試験と身体検査のみになります。


【技能証明書の交付】
各種試験と検査をクリアした後はいよいよ技能証明書の交付になります。
技能証明書の交付の際には代金がかかることが多いのでその点も踏まえてください。(現時点では交付の際にかかる金額は発表されていません。)また、交付期間というものが設けられている場合がほとんどですので、期間内に必ず交付してもらってください。万が一、交付されなかった場合失効として処理されてしまい、再度試験を受けることになる可能性があります。


国家資格の取得に必要な費用は、現時点では未公開となっています。
今のところ、ネット上の口コミなどでは1等は70~100万程度、2等が30~50万程度ではないかという情報が出回っています。また、すでに民間資格を有している方は有資格者として無資格者と比べて低価格で国家資格を取得できるのではないかといった情報もあるようです。
ですが、これらは正式な発表がされたわけではないので、一つの可能性としてお考え下さい。

  └─ 目的や運用目的に合った資格を選ぶ

あなたはドローンで何がしたいですか?例えば空撮したい、農薬散布に使いたい等々…。ドローンの使用目的は人によって様々、ドローンの使用目的を明らかにすることで取得売る資格を選ぶ基準になります。

資格自体もドローンのインストラクター向けのコースや農薬散布のためのコース、点検作業のためのコースなど様々な目的に合ったカリキュラムが組まれている場合もあります。しっかりと自分の目的に合った資格を取得しましょう。万が一、合わない資格を取得してしまうと資金も時間も無駄になってしまうので注意したいですね。

  └─ 取得までの日数を確認する

もちろん、取得までの日数も資格を取得する前に確認しておきたいところですね。取得したいと思った資格を取得するために必要な日数スクールに通えるのかといった部分も重要になってきます。
例えば民間の資格でもある資格を取得するための条件として、総飛行時間10時間以上といったような条件を設けているものや、総講習受講時間4日以上など条件を設けている場合もあります。
取得したい資格の日数を把握してしっかりと取り組めるといいですね。

  └─ 費用から選ぶ

ドローンの免許の取得には意外とお金がかかったりします。受講料やテキスト代、実地講習の際にドローンをレンタルする場合はレンタル代金などかかりますし、レンタルが嫌な方は購入する費用が掛かってきます。
費用面に関してはスクールごとにかかってくる金額が違うことも多いので検討しているスクールに資料請求した際、一緒に聞いてみるといいのではないでしょうか。費用面の事も考えながら資格の取得を考えていくのも一つの方法ですよ。

③各種資格の種類・値段一覧表
  └─ JUIDA

JUIDAは、一般社団法人日本UAS産業振興協議会のことで、現在日本最大のドローン管理団体です。無人航空機の産業振興と市場創造支援に取り組んでいます。また、Japan Drone Expoと呼ばれる無人航空機の単独展示会の主催を担っていることでも有名です。

資格名講座内容対象取得までの日数 (最短目安)費用(目安)
無人航空機操縦技能座学:無人航空機の概論、法律・ルール、夜間・目視外飛行、気象、バッテリー、電波と無線、許可・承認 などの知識
実技:基本操作・点検、遠距離飛行、夜間・目視外飛行など
【JUIDA規定:最低受講時間座学6時間、飛行実習10時間

※認定スクールにより受講時間、講習内容が異なります。
・16歳以上(必須)     
・初心者・初めての方

2〜3日学費:180,000~250,000円(各スクールの基準により差があり)
資格の発行費用:38,500円円
JUIDA年会費:5,000円
無人航空機安全運航管理者安全の定義・リスクハザード・無人航空機の事故例・安全運航管理者とは・安全な飛行方法などに関する知識
【約3時間の座学になります】
※認定スクールにより受講時間、講習内容が異なります。
・18歳以上(必須)
・JUIDA操縦技能資格所持

・家での受講が可能
半日学費:180,000~250,000円(各スクールの基準により差があり)
資格の発行費用:22,000円
JUIDA年会費:5,000円

JUIDAの資格を取得するメリット:

・知名度が高い資格なので信頼性が高い
・証明証の発行により、資格の証明が容易
・スクールが全国展開しているため、比較的受講しやすい
・無人航空機飛行申請手続きの一部が免除されるため、スムーズに申請できる
  └─ DJICAMP認定資格

DJI CAMPスペシャリストの認定講座を運営しているのは世界の大手ドローンメーカーのDJIの日本法人のDJI JAPANです。DJIは2005年に設立されて、ドローンの専門メーカーです。さまざまな分野で活躍していくドローンを数多く製造しています。
製造しているドローンの種類は多岐にわたり、測量や装置の点検などを行うドローンや消火や救助など安全に役立つドローンまで幅広い現場で活躍します。

資格名講座内容対象取得までの日数 (最短目安)費用(目安)
DJIスペシャリスト座学:操縦者の行動規範、 安全、法規、電波、無人航空機概論、カメラの知識、安全飛行、飛行に向けた確認事項など
実技:基本操作・点検、離陸、各方向のホバリング、旋回、ノーズインサークル、着陸など
・仕事でDJI製品の飛行操縦経験が10時間以上の方
・DJI製品のユーザーマニュアルを事前に熟読した方
2日学費:50,000~120,000円(各スクールの基準により差があり)
資格の発行費用:16,500円
DJIインストラクターDJIスペシャリストの教育、監督、技能資格証明を行い、同時に認定責任を負う。
認定講座は非公開で開催します。DJIと関係性が深い企業から申し込むことができると思われます。受講候補者には、事前にDJI CAMP運営事業計画、プロフィール、開催会場情報を提出いただく他、DJI JAPANの担当者との面談が実施します。
・仕事でDJIの機体を操作する時間が50時間以上の方
・DJIインストラクターとして活動したい、もしくはすでにしている方

・国土交通省に無人航空機の飛行に関する許可・承認に係る申請を経験した操縦者
非公開非公開
DJIマスターインストラクターのさらに上位にあたります。
DJI JAPAN 株式会社が総合的な選考により直接任命となり、講座の内容と申し込みの方法は非公開です。
・仕事でDJIの機体を操作する時間が100時間以上の方非公開非公開

◆ オプションで間飛行・目視外飛行、危険物輸送・物件投下の2つ飛行形態追加講習を受けることができます。値段は各スクールの基準により差があります。

資格名講座内容対象取得までの日数 (最短目安)費用(目安)
夜間飛行・目視外飛行夜間飛行:日の入りから翌日の日の出までの時間にドローンを飛ばすことに必要な資格です。
例:日の出や夜間での空撮(航空法で定める日中の範囲外になります)

目視飛行:機体を目視することができない状態の飛行必要な資格
例:風景撮影や高所点検、点検などの広範囲における自動飛行時
DJIスペシャリストを受講した方を対象にするスクールが多いですが、スクールによって単体で受けることも可能です。2日学費:30,000~50,000円(各スクールの基準により差があり)
危険物輸送・物件投下農薬散布、救難救助など物件投下の行為における必要な資格です。

例:農薬散布・火器類、高圧ガス、引火性液体といった危険物を輸送する
DJIスペシャリストを受講した方を対象にするスクールが多いですが、スクールによって単体で受けることも可能です。2日学費:30,000~50,000円(各スクールの基準により差があり)

◆ 他には2022年の年末新設された講座があります↓

資格名講座内容対象取得までの日数 (最短目安)費用(目安)
DJI CAMP ENTERPRISE講習ー「DJI ZENMUSE L1基礎 オペレーター認定講習」DJI初の無人航空機レーザースキャナーソリューショ「
DJI Zenmuse L1」
の運用に必要な各種基礎知識、業務ワークフロー、実際の計測方法、データ解析まで習得します。
※PDF認定証を発行します。
・DJI ENTERPRISE製品の導入予定者・導入者(受講者にはDJI CAMPスペシャリスト資格取得を推奨します)1日(実質7時間)学費:専用テキスト
税込165,000円(各スクールの基準により差があり)

DJI JAPANの資格を取得するメリット:

・知名度が高い資格で信頼性が高い
・DJI CAMPスペシャリスト認定を取得すると、DJI損害賠償保険やDJI機体保険の割引が受けられる
・DJI CAMPスペシャリストの認定を受けることによって、無人航空機飛行申請手続きの一部が免除されるため、スムーズに申請できる
・インストラクター認定でインストラクターとして活動することも目指せる
・オプションの資格を取得することで国土交通省への許可申請の際に「物件投下・危険物輸送」と「空港等周辺・150m以上の高さの空域・催し場所上空の飛行」の申請が可能

  └─ 一般社団法人ドローン操縦士協会(DPA)

一般社団法人 ドローン操縦士協会(略称:DPA(ディーパ)は、ドローン航空業界の安全確保につとめ当該技術・知識の普及と諸般の研究調査を行い、ドローンの健全な発展を促進しています。主な事業として、ドローン操縦士の技術認定ライセンスの発行 やドローン操縦技術向上のための研修・教育になります。

資格名講座内容対象取得までの日数 (最短目安)費用(目安)
ドローン操縦士回転翼3級座学:オンライン講座「安全運航管理基礎講座」を受講し、小型無人航空機を安全に飛行させるために必要な基礎知識を学ぶ
(ドローンの構造・航空法など)
実技:小型無人航空機を安全に操縦する基本スキル(目視できる範囲)
ドローン操縦初心者
年齢:15歳以上、視力、色覚、身体要件あり
3日〜5日学費:200,000~300,000円(各スクールの基準により差があり)2年間 
※更新には更新料12,000円が発生します。
ドローン操縦士回転翼3級 インストラクター資格回転翼航空機の実地を講習するための技能と、座学・実地を講習する際に必要な基礎知識を認定します。飛行レベルにより3等級の資格があります。

・ドローン操縦士回転翼3級の実地を講習するための技能
・ドローン操縦士回転翼3級の座学、実地を講習する際に必要な基礎知識
ドローン操縦上級者
年齢:18歳以上、視力、色覚、身体要件あり
各地のドローンスクールにご確認ください。学費:約750,000円と言われています(各スクールの基準により差があり)

DPAの資格はいまところ3級しかないですが、今後各2級・1級、ドローン整備士の資格も創設予定となっています。

・知名度が高い資格で信頼性が高いため、ブランド力が重要視してる方(法人)にもおすすめ
・認定を受けることによって、無人航空機飛行申請手続きの一部が免除されるため、スムーズに申請できる
・インストラクター認定でインストラクターとして活動することも目指せる
  └─ 一般社団法人 日本ドローン協会(JDA)

一般社団法人 日本ドローン協会(JDA)は教育や防災、スポーツや映像編集など幅広い分野でドローンの活用を支援している団体です。
こちらで発行している資格は全4種ですがそのうちUAV 操縦士技能証明の1級~3級までが国交省認定資格です。
学科試験であればオンライン受講が可能であり、ドローンの操縦体験会や機体のレンタルも行っているので比較的挑戦しやすいものと言えます。

資格名講座内容対象取得までの日数 (最短目安)費用(目安)
UAV 3級操縦士技能証明講座の詳細は学校に問い合わせしてください。・ドローンの初心者
・小学生は、保護者同伴
中学生・高校生は、保護者の同意書
2日学費:88,000円
UAV 2級操縦士技能証明講座の詳細は学校に問い合わせしてください。3級合格者
ただし他団体の技能証明証取得しているので、2級から受講したいという方の場合は、取得している証明証を提示していただき、かつ技能講習会前に、JDA講師による簡単な技能チェックをさせて頂きます。 
そこでJDA3級レベルの実力があると判断した場合は、3級からではなく2級からの受講が可能となります。
2日学費:110,000円
UAV 1級操縦士技能証明講座の詳細は学校に問い合わせしてください。2級合格者1日学費:88,000円
学科のみZoomでの受講可能講座の詳細は学校に問い合わせしてください。・ドローンの初心者学費:22,000円
インストラクター講座の詳細は学校に問い合わせしてください。1級と安全管理者の合格者で、マスター(以上)の推薦が必要学費:165,000円

◆ スペシャリティー  農薬散布コース

資格名講座内容対象取得までの日数 (最短目安)費用(目安)
追加でアグリフライヤー左記と同じ他のドローン操縦士 ( 農業用 ) 取得済みで、追加でアグリフライヤーを取得したい方2日学費:132,000円
農薬散布のみのコース左記と同じJDA2 級以上をもっていて ( 又は他の団体の 2 級レベルを持っている )、追加で農薬散布コースを受けたい方
4日学費:264,000円
2級+農薬散布コース左記と同じ・JDA の 3 級を取得していて、2 級と農薬散布コースをセットで受けたい方5学費:319,000円
2級+ 3級+農薬散布コース左記と同じ・ドローン初級の方で、基本の 3 級と 2 級と農薬散布コースの3つをセットで受けたい方6学費:385,000円

◆ スペシャリティー  自宅で受講出来るオンライン web 講座

資格名講座内容対象取得までの日数 (最短目安)費用(目安)
JDAドローン安全管理者講座・講座の詳細は学校に問い合わせしてください。
・使用するテキスト(簡易版)はPDFで配布
誰でも4時間学費:一般:33,000円
JDA会員:27,500円
学生:16,500円
赤外線カメラ活用講座・講座の詳細は学校に問い合わせしてください。
・Zoomのみの講座
・使用するテキスト(簡易版)はPDFで配布
誰でも3時間30分学費:
通常:33,000円
JDA価格:27,500円
・農薬散布に関する専門コースが多く、ビズネスとしてドローン使いたい方におすすめ
・事前にオンライン学科講座を受けることによって、実質会場では一日だけの講習/検定会で終了する
・家に居ても受けられる講座がある
・インストラクター認定でインストラクターとして活動することも目指せる
  └─ 一般社団法人国際無人航空機協議会(IAU)

一般社団法人国際無人航空機協議会(IAUは、ドローン操縦士の技術認定ライセンスの発行 やドローン操縦技術向上のための研修・教育やドローンの研究を行う団体です。全国各地の認定スクールで資格を取得することが可能です。講座内容は公式サイトでは詳しく記載されていないため、それぞれのスクールに問い合わせすることが必要になります。

資格名講座内容対象取得までの日数 (最短目安)費用(目安)
操縦技能認証IAUもしくは各地のドローンスクールにご確認ください。・16歳以上(未成年は親権者の同意書が必要)
・IAU認定スクール修了者 (1ヶ月以内)
IAUもしくは各地のドローンスクールにご確認ください。IAUもしくは各地のドローンスクールにご確認ください。
安全運航管理責任者認証IAUもしくは各地のドローンスクールにご確認ください。・18歳以上
・IAU認定スクール修了者 (1ヶ月以内)
・操縦技能認証資格保有者であること
IAUもしくは各地のドローンスクールにご確認ください。IAUもしくは各地のドローンスクールにご確認ください。
無人航空機操縦技能認証IAUもしくは各地のドローンスクールにご確認ください。・16歳以上(未成年は親権者同意書が必要)
・技能認証(紙)、証明書、証明書ファイル(ブラック)、技能認証カード(ブルー)
IAUもしくは各地のドローンスクールにご確認ください。IAUもしくは各地のドローンスクールにご確認ください。
産業用無人航空機操縦技能認証IAUもしくは各地のドローンスクールにご確認ください。16歳以上(未成年は親権者同意書が必要)
・無人航空機技能認証資格保有者技能認証(紙)、証明書、証明書ファイル(ブルー)、技能認証カード(オレンジ)

IAUもしくは各地のドローンスクールにご確認ください。IAUもしくは各地のドローンスクールにご確認ください。
無人航空機安全運航管理責任者IAUもしくは各地のドローンスクールにご確認ください。・18歳以上
・操縦技能認証資格保有者
技能認証(紙)、証明書、証明書ファイル(グレー)、技能認証カード(グレー)
IAUもしくは各地のドローンスクールにご確認ください。学費:165,000円
・実技と座学(基本知識)両方とも習得できる!
  └─ ドローン検定協会

ドローン検定協会では、無人航空機を取り扱う従事者の知識レベルを客観的に評価し、その資質向上と周囲の方への理解を広めることを目的として無人航空従事者試験(ドローン検定)を実施しています。
また、国土交通省から認可を受けた登録講習機関「無人航空機の操縦技能講習を行う民間講習団体」として、無人航空機の免許取得をトータルでサポートいたします。

ドローン検定協会の資格の特徴として、実務はなくて座学のみになります。そのため、受験料が他の資格と比べて安いです。

資格名講座内容対象取得までの日数 (最短目安)費用(目安)
ドローン検定4級ドローンの用語動作、物理学、工学、気象、専門知識、法令、電波関連など基礎知識になります。誰でもテキストを購入して自習する形式なので、取得までの日数は人によ受験料:3,200円
ドローン検定3級ドローンに関する基礎知識、物理学、工学、気象、専門知識、法令。4級ではなかった力学、TEM/SRM/CRMなど内容を講座に追加。誰でもテキストを購入して自習する形式なので、取得までの日数は人によ受験料:6,600円
ドローン検定2級ドローンに関する基礎知識、物理学、工学、気象、専門知識、法令。3級ではなかった組織/制度/国際情勢、航空気象学、GNSS、リスク/メディカルなど内容を講座に追加。ドローン検定3級取得者テキストを購入して自習する形式なので、取得までの日数は人による受験料:12,900円
ドローン検定1級ドローンに関する基礎知識、物理学、工学、気象、専門知識、法令2級ではなかった基礎数学、電磁気学、流体力学、熱力学、無線工学、航法など内容を講座に追加ドローン検定2級取得者テキストを購入して自習する形式なので、取得までの日数は人による受験料:18,800円
・検定はマークシート方式の筆記試験のみです!
・国土交通省から認可を受けた登録講習機関なので、航空法で規制されている空域で飛行の申請をするときに、操縦者の資格について証明書を添付したら国土交通省から承認されやすくなります
・国土交通省認定の基礎技能講習を受講する際に座学1(4時間)が免除されます
・合格者のみが参加できるQ&Aコミュニティサービスに参加できます
・飛行ログサービス(オンラインで飛行経歴を管理できる機能)を使用できます
・ドローン検定に合格した証であるロゴを名刺やホームページに記載していただけます
・提携団体等における各種講習の受講資格を得られます
・ドローン検定オリジナルグッズを購入できる
  └─ JDC認定資格

日本ドローンコンソーシアム(JDC)は、国内で製造、販売、または「日本の空を飛行するすべてのドローン」を包括できる組織を目指しています。安全に運用しながら社会実装するために、様々な利活用を進め無限の可能性と価値を共有するために設立されました。今発行してる資格は今2つがあります。

資格名講座内容対象取得までの日数 (最短目安)費用(目安)
基本操縦コース(JDCパイロット認定コース)基本的な操縦技能と安全運航管理に関する知識・個人のドローン初心者・経験者
・法人で管理者を養成したい方
4日5日学費:180,000円〜350,000
資格更新料 2年毎¥33,000
自律飛行コース高度な自律飛行や目視外飛行の訓練・特定の飛行スキルを習得したい方JDCもしくは各地のドローンスクールにご確認ください。JDCもしくは各地のドローンスクールにご確認ください。
・認定を受けることによって、無人航空機飛行申請手続きの一部が免除されるため、スムーズに申請できる
  └─ 産業用マルチローター技能認定

農林水航空協会が運営してる資格「産業用マルチローター技能認定」になります。

資格名講座内容対象取得までの日数 (最短目安)費用(目安)
業用マルチローターオペレーター技能認定マルチローター及び散布装置の操作、農林水産航空事業についての知識、農薬や病害虫の知識、雑草防除、安全操作、管理、法律・申請・報告
講座中には一般社団法人農林水産航空協会認定機の農薬散布用機体を使用するところが多いです。
・初心者
・ドローン操作の経験者

・農林水産航空協会の認定機を使用したい方には必須な資格
・農薬散布の専門資格を取得したい方
日(経験者は2日〜のコースもあり)学費:180,000円〜250,000円(初心者の場合)
農水協登録料:16,500円
・農林水航空協会が運営してる資格なので、農業ドローンで仕事したい方におすすめ!
・農林水航空協会が発行する資格で社会的信頼性が高い
  └─ DMA資格認定

DMAは、ドローン操縦士の養成に注力してる協会です。

資格名講座内容対象取得までの日数 (最短目安)費用(目安)
ビギナーコースドローンの基礎的な座学や操縦技能を習得する初級コース。飛行時間10時間未満2日学費:120,000円
アドバンスコースドローンの標準的な座学や操縦技能を習得する中級コース。標準的な飛行に加え、夜間・目視外・危険物輸送・物件投下の飛行練習も行う。飛行時間10時間以上
・ビギナーコース合格者
2日学費:200,000円
アドバンスライトコース(追加飛行形態なし)ドローンの標準的な座学や操縦技能をより短期間で習得する中級コース。飛行時間10時間未満3日学費:250,000円
アドバンスコース(追加飛行形態のみ)追加飛行形態のみを習得するコース。アドバンスコース(追加飛行形態なし)合格者1日学費:I70,000円
プロコースドローンの応用的な操縦技能を習得する上級コース。中~大型など様々な産業用ドローンを飛ばすための操縦技能を習得する。アドバンスコース合格者4日学費:450,000円
オートコース目視内自動操縦技能認証取得アドバンスコース合格者2日学費:150,000円
アドバンスオートコース無人目視外自動操縦技能認証取得オートコース合格者未定学費:450,000円
プロオートコース有人目視外自動操縦技能認証取得アドバンスオートコース合格者未定学費:未定

◆ DMA代理店様向けコース

資格名講座内容対象取得までの日数 (最短目安)費用(目安)
インストラクターコースアドバンスコースを講習するインストラクターになるための操縦技能を習得するコースアドバンスコース合格者5日学費:500,000円
プロインストラクターコースプロコースを講習するインストラクターになるための操縦技能を習得するコースインストラクターコース合格者4日学費:600,000円
・選べるコースの種類が多く、自分に合うコースだけ履修するが可能!
・DMA代理店様向けコースではインストラクター認定の取得できますので、講師として活動したい方も向いてます!
④結局どれがいい?と悩むときに便利!各種資格の最大の特徴・メリットを比較!

ここではあなたに最適な資格を決めるためのメリット・おすすめの方を一覧表にまとめました。もし、とるべき資格に悩んでいるようでしたらぜひ参考にしてください。詳しくは次の項目で解説しているのでそちらも合わせてご確認下さい。

資格発行団体特徴おすすめな方
一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)・現時点日本最大のドローン管理団体
・スクールが全国展開している
・「夜間飛行・目視外飛行、危険物輸送・物件投下」はコースに含まれてるところが多い
・初心者・経験者両方
・スクールの選択肢を広めたい方
・知名度が高い資格がいいと考える方
DJI JAPAN・インストラクター認定制度がある
・ドローン保険の割引できる
・「夜間飛行・目視外飛行、危険物輸送・物件投下」はオプションで習得できる
・初心者・経験者両方
・DJIの機種を操作したい方
・知名度が高い資格がいいと考える方
・ドローンの保険制度を利用したい方
・インストラクターとして活動したい方
一般社団法人ドローン操縦士協会(DPA)・資格の種類は2種類がある
・インストラクターコースがある
・初心者・経験者両方
・知名度が高い資格がいいと考える方
・インストラクターとして活動したい方
 一般社団法人 日本ドローン協会(JDA)・自宅で受講出来るオンライン web 講座がある
・インストラクターコースがある
・農薬散布コースは4つがある
・初心者・経験者両方
・インストラクターとして活動したい方
・農薬散布のスキルをビズネスとしてドローン使いたい方
一般社団法人国際無人航空機協議会(IAU)・資格の種類は5種類がある・初心者・経験者両方
ドローン検定協会・検定はマークシート方式の筆記試験のみ
・テキストの購入し、家で自習する形になる
・合格者のみが参加できるQ&Aコミュニティサービスに参加できます
・提携団体等における各種講習の受講資格を得られます
・初心者・経験者両方
・筆記試験のみ受けたい方
・学校に通う時間がない方
JDC認定資格・資格の種類は2種類がある・初心者・経験者両方
産業用マルチローター技能認定・農林水航空協会が運営してる資格である・知名度が高い資格がいいと考える方
・農薬散布のスキルをビズネスとしてドローン使いたい方
DMA資格認定・選べるコースの種類が多く、全10種類以上がある
・2〜3時間や半日だけの体験会・セミナーもある
・インストラクターコースがある
・初心者・経験者両方
・インストラクターとして活動したい方
④まとめ


いかがでしたでしょうか。ドローンの資格や免許がたくさんあって選ぶのが大変そうですね。お金も時間もかかることなので慎重に自分に合った資格を選んでいきたいですね。
国家資格のほうは今現在、公開されている情報が少ないこともありまだ検討中という方も多いと思います。情報が公開されればあなたの選択肢がきっと広がっていくことでしょう。


スクールをチェックして
資格を取りましょう!
⬇︎

ここは広告バナーになります。

サブタイトルや説明の場所です。

関連記事

  1. Daikanyama Drone Business Academy | 渋谷・代官山の練習風景

    Daikanyama Drone Business Academy | 渋谷・代官山

  2. 東京ディズニー40周年リゾートのドローンショー

    東京ディズニーリゾート40周年で初のドローンショー開催へ

  3. トイドローン(tello)の公式サイトと画像

    トイドローン(tello)はどんなドローン?性能・メーカー・値段について詳しく解説

  4. ドローンスクールを選ぶ際のポイントは?失敗しない選び方!

  5. ドローンは将来性がない?仕事あるの?将来性とできる仕事を説明!

  6. ドローン操作は免許いらない?免許なしで飛べる方法・範囲をまとめます!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。