最終更新日: 2023.03.20

ドローンを使った副業の種類!自分に向いてる仕事は?


近年【副業】が当たり前となってきて「新しく始めた」という方も多いのではないでしょうか。
給料の足しにするため、趣味を実益に変えるなどの理由で始める方もいるでしょう。
様々な副業が発生している中で、自宅にいながら手軽に稼げると話題になっている在宅ワークやスマホを使った副業などが注目を浴びる一方、ひそかにドローンを使った副業が注目を集め始めているのはご存じでしょうか。

ドローン好きお兄さん


この記事はこんな方に向いてます!

・ドローンで仕事を探してる方
・副収入を得たい方

①ドローン空撮の仕事

もし、PR動画などで使う素材を撮りたい、とおっしゃるのでしたらプロのカメラマンさんと組んでお仕事を回してもらうのも一考だと思います。
さらに動画の編集技術があればさらに良いでしょう。そうして自身の撮影に付加価値を付けることにより依頼者に名前を覚えてもらうなどとして少しずつ人脈を構築していくことが安定的な収入を得るための一歩なのではないでしょうか。

ドローン使った素材販売


自分で撮影した空撮の映像を静止画でも動画でもいいのでストックフォト、つまり写真素材販売サイトに登録しておくとオンライン上で不定期にですが購入されることがあります。
もちろん登録するサイトによって売れ筋の商品や購入者の層が異なりますし、登録の際に様々な条件などもあるのでその点の事前の調査は必要になります。
写真をデータとしてサイトに預けておくと運営会社が販売を請け負ってくれるので、一般人でも気軽に参加できることが魅力でしょう。
また、預けた写真はデータなので何度でも販売することができ、品切れになることがありませんので、一度登録してしまえば継続して販売し続けられるので安心です。
また登録してすぐに購入されるということは非常に稀ではありますが続けていくうちにお小遣い程度の収入になっていくことでしょう。
実際にやった方のお話だと最初は調子がいい時でも数百円だったものが、数年続けてやっと月に数万程度になった。というお話をよく耳にしますので根気よく続けていくことが良いでしょう。


まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はドローンを使った副業についてお話させていただきました。近年はドローンのみならず多種多様な副業が起こっていますので今後、ドローンにももっと別な利用方法があるのかもしれませんね。

関連記事

  1. ドローンとは?ドローンの定義と使い方をわかりやすく解説。

  2. ドローンは将来性がない?仕事あるの?将来性とできる仕事を説明!

  3. 【一目でわかる比較表付き】ドローンの免許・民間資格の選び方!費用、講座内容、時間、特徴を全面比較!記事のサムネイル

    【詳しく解説】ドローンを飛ばすには免許・資格が必要?ドローンを飛ばすにはどんな手続きが必要?

  4. JAPAN DRONE LEAGUE試合中の風景 屋外

    【ドローンレース大会】JAPAN DRONE LEAGUEを知る【毎年・全国開催】

  5. ドローン操作は免許いらない?免許なしで飛べる方法・範囲をまとめます!

  6. ドローンの色を変える!視認性が上がり、独特なドローンに…!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。